コールセンターのスタッフからアポの電話がくる場合は要注意

スカウトされたい!フリーエンジニア白書

企業はフリーエンジニアを探しています!スカウト体験談を公開!

特集ページ

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

フリーエンジニアをスカウトする方法は、メールだけではありません。ヘッドハンターから直接アポイントの電話がかかってくるケースも多々あります。本当にあなたというエンジニアをスカウトしたいという真剣なオファーである場合もありますが、スカウトメールと同様に電話でのスカウトも気をつけた方がいいものもあるのです。悪質なヘッドハンターに振り回されないためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。注意するポイントを紹介します。

Pocket

アポイントの取り方に注意

ヘッドハンターの良し悪しを判断する基準として、最初のアポイントの取り方があります。
通常、ヘッドハンターは、依頼された案件から最適な人材を選択し、直接アポイントの連絡をとります。そのため、ヘッドハンター本人から電話やメールが来た場合は、ある程度信頼してもよいでしょう。しかし、中にはコールセンターのアルバイトが無造作に電話をして、アポイントが取れたらヘッドハンターに引き継ぐといった方法をとっている会社もあります。どういう人材かをきちんと把握せず、とにかくアポイントを取ることだけを目的に連絡をしてくるので、紹介された会社が希望にそぐわないものばかりだったり、持っているスキルからズレている仕事であったり、最悪はブラック企業を紹介されることもあるのです。

信頼できるヘッドハンティング会社とは

一時的な利益や、無理なノルマを課しているようなヘッドハンティング会社では、前述のような手法をとることが多いようです。
しかし、人材紹介を依頼する企業にとっても、ヘッドハンティングを受けるエンジニアにとっても、本当に信頼できるヘッドハンティング会社を通して転職した方が後々は幸せになれます。信頼を大切にするヘッドハンティング会社は、ブラック企業などの依頼を受けることはないでしょう。中には、きちんと礼を尽くし、驚くほど親切な方法でコンタクトをとるヘッドハンティング会社もあります。電話の仕方やメールの送り方まで、とても気を使っているのがわかります。このようなヘッドハンティング会社から連絡があった場合は、一度ヘッドハンターと会ってみるとよいでしょう。電話やメールでは伝わらない人間性も、実際に会って話すとより深く理解できるでしょう。話の仕方や内容を注意深く見ていれば、本当に信頼できるヘッドハンターかどうかは、すぐにわかります。もし、不信に思うことがあれば、それっきりにしてもよいのですから、時間の許す限りは会うようにしましょう。信頼できるヘッドハンターとは長く付き合ったほうがメリットは大きいものです。

各テーマ一覧

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

詳しくはこちら

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

詳しくはこちら

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

詳しくはこちら

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

詳しくはこちら

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

Copyright © 2014 スカウトされたい!フリーエンジニア白書 All Rights Reserved.