レジュメを読まずにスカウトメールを送ってくる?気持ちが先走っているときは、そんなメールにも引っかかってしまうことも

スカウトされたい!フリーエンジニア白書

企業はフリーエンジニアを探しています!スカウト体験談を公開!

特集ページ

スパムメール?一斉送信の悪質スカウトメール

スカウトメールの仕組みについて、もう少し掘り下げて紹介していきます。まず、スカウトメールが送られてきた時点ではまだ、あなたが一生懸命書いたレジュメは読まれていないと考えた方が無難です。中には、スパムメールまがいの悪質なスカウトメールも存在するので、違いを見極めることも大切です。

Pocket

スカウトメールではなくスパムメール

前項でも少し紹介しましたが、スカウトメールは、求人条件に該当する対象者に対し、より効率的に自社の求人情報を届けるためのツールとして使われます。真剣に採用を検討している場合は、検索するキーワードも細かく設定しますが、中にはそうではないものも含まれています。
スカウトメールを見てみると、「あなたの○○といった技術に興味があります」「○○の業務を経験されているあなたに」などといった内容が書かれているので、一見すると、きちんと自分のレジュメを見て、自分のスキルを評価してスカウトしてくれているものと思いますが、これは全て検索によって○○という単語だけをヒットさせただけだったりします。また、それ以外の文言は全て定型文のコピーといったものがとても多いのです。これでは、スカウトではなくただのスパムメールと同じことです。とても残念なことですが、企業のやる気のない採用担当者が、手間を省いて効率的にメールを送信し、オファーしたという結果を残すために行っているただのエゴ行為である場合もあります。

冷静に見極めること

転職やキャリアアップを狙っている人は、とても多いと思います。 また、フリーエンジニアで経済的に困っていてすぐにでも就職したいといった悩みを持っている人もいると思います。しかし、スカウトメールに安易に飛びつくのは危険なことです。とくに切羽詰まった状況であれば判断力も落ちていることが多いので、そういうときこそスカウトメールや募集要項など何度も読み返してみることが重要です。自分の書いたレジュメとスカウトメールを一字一句全て読んでみると、そのメールが本当にスカウトなのか、スパムなのかはすぐに判断がつきます。 また、本当にあなたをスカウトしたい、ぜひ採用したいと担当者が思っていれば、それは必ず文面に表れるものです。少しでも不信感を感じたらスルーする勇気も大切です。

悪質な業者も

転職エージェントなどは、企業がその紹介によって採用が決まると紹介料を得る仕組みになっています。
そのため、企業や応募者にとって、双方のニーズが本当にマッチしているかは二の次で、とにかく採用さえ決まればいいと思っているような悪質な業者も存在します。そういう業者は、返事をするまで一方的に何度もスカウトメールを送りつけるようなスパム行為をすることも少なくありません。このような状況が見られる場合は、すぐにそのサイトから退会するべきでしょう。

各テーマ一覧

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

詳しくはこちら

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

詳しくはこちら

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

詳しくはこちら

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

詳しくはこちら

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

Copyright © 2014 スカウトされたい!フリーエンジニア白書 All Rights Reserved.