まずは一般的なスカウトの流れをチェック

スカウトされたい!フリーエンジニア白書

企業はフリーエンジニアを探しています!スカウト体験談を公開!

特集ページ

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

スカウトメールが届くと自分がどこかの企業に評価され、すぐに転職できるのではないかと喜んでしまいそうになるかもしれません。しかし、スカウトメールとは、いうなればダイレクトメールと変わりはないのです。スカウトメールが送られたからといって必ず採用されるわけではありません。企業側がどのような流れでスカウトメールを送ってくるのかを知っておきましょう。

Pocket

スカウトメールは、求人情報の宣伝

スカウトメールというからには、そのオファーに対して応募すれば採用されると考えるのは間違いです。
スカウトメールは、より効率的に求人情報を見てもらうためのツールです。転職サイトに登録されている人材の中から、自社の求人条件に合う人材だけを抽出し、その人たちを対象に、求人情報を宣伝するためのダイレクトメールのようなものです。
多くのスカウトメールは、「当社の求人募集をみてください。」「応募してください」と言ったことが書かれていますが、書類審査や面接は当たり前に行われるのです。つまり、既に書類審査をパスしているわけでも、パスすることを保証するものでもないのです。スカウトメールが届いていない一般の応募者と全く同じ条件で、応募することになります。まずは、その前提をきちんと理解しましょう。

スカウトメールが送信される流れ

転職サイトなどに登録している転職希望者の年齢や勤務経験、勤務地などの条件から、応募する企業の人事担当者が希望する人材を検索します。その中から、更に細い条件を付け加えてフィルタリングし、200名以下まで絞り込むのが一般的です。基本的に企業側は、スカウトメールを1通送るごとに費用を支払わなければなりませんので、できるだけ、希望する人材に絞り込んでメール送信をします。

問題はレジュメを見ていないこと

転職サイトに登録する際には、レジュメといって、勤務経験や実績、自己PRなどを記載するようになっています。
前述の方法で、スカウトメールを送信する際に、人事担当者が一人ひとりのレジュメをきちんとチェックしていれば、アンマッチは防げるのでしょうが、実際にはそこまでしている企業は少ないようです。技術スキルや言語、資格、希望勤務地、年齢など、いくつかの条件で検索抽出し、該当する人材を対象に送るのがスカウトメールです。したがって、スカウトメールを受けた人が実際に応募するというアクションを起こしてから、はじめてその人のレジュメを細かくチェックします。そのため、スカウトメールが来たから応募したのに、不採用となったり、面接に呼ばれないという、メールを受け取った側からするとなんとも腹立たしい状況が発生するのです。スカウトメールを受け取ったら、一度冷静になって、スカウトはされておらず、求人情報がメールで届いた。くらいに考え、応募するか、辞退するかを検討するようにしましょう。

各テーマ一覧

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

詳しくはこちら

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

詳しくはこちら

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

詳しくはこちら

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

詳しくはこちら

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

Copyright © 2014 スカウトされたい!フリーエンジニア白書 All Rights Reserved.