どんな人がスカウトされやすいのか。ポイントをチェック

スカウトされたい!フリーエンジニア白書

企業はフリーエンジニアを探しています!スカウト体験談を公開!

特集ページ

フリーエンジニアのスカウトについて

IT業界では、「エンジニアの取り合い」と言ってもいいほど、各企業で優秀なエンジニアを探しています。ただ求人情報を出すだけでは、求める人材を思うように獲得できないのが、企業の採用事情です。そのため、積極的に、対象となる人材に対してオファーを出すことで、自社の求人に興味を持ってもらおうとするようになりました。これが、「スカウト」です。各企業が、何とかして、いいエンジニアを確保しようと動いています。

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由 エンジニア求人市場が、需要過多になっていることは知っていますか?需要過多ということは、エンジニアから見れば売り手市場ということです。IT業界でエンジニアを探す企業は、狙った層のエンジニアに対して積極的にオファーを出すことで、他社よりも先に優秀なエンジニアを見つけて確保しようと、争奪戦を繰り広げています。仕事を探すフリーエンジニアの立場では、その状況をきちんと把握することが、転職成功の秘訣です。世間一般的にはまだ就職難ですが、エンジニアは焦って自分を安売りしなくても良いでしょう。いまのところ、今後もますます、フリーエンジニアのスカウトは増えていくことが予想されます。

あなたはスカウトがくるフリーエンジニア?

あなたはスカウトがくるフリーエンジニア? そんな需要過多といわれるエンジニア求人市場でも、スカウトされやすいフリーエンジニアと、そうではないフリーエンジニアが存在します。技術職ですから、スキルのレベルや経験、実績などでスカウト率が変わることはもちろんですが、全く同じレベルのスキルを持っているフリーエンジニアでも、スカウトされやすい人とそうでない人にわかれます。その分かれ目はどこにあるのか、スカウトされる人とされない人の違いは何なのかを紹介します。もし、相応のスキルと経験を持つフリーエンジニアであるにも関わらず、スカウトされないとしたら、視点を変えてみると良いかもしれません。

フリーエンジニアとしての価値をスカウトに判断してもらう

フリーエンジニアとしての価値をスカウトに判断してもらう フリーエンジニアとしての価値を、自分自身で正しく把握できていますか?転職成功のためには、自己分析も大切です。自分自身の価値を自分で正しく分析するのはなかなか難しい場合もあります。そういうときに頼りになるのがヘッドハンターです。ヘッドハンターとは、エンジニアをスカウトすることを仕事にしている人で、数多くのエンジニアを見ています。本物のヘッドハンターであれば、エンジニアの価値を見定めるプロと思って良いでしょう。スカウトをきっかけに良いヘッドハンターと知り合えたら、長く良いつきあいを継続すると良いですよ。

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント スカウトされるフリーエンジニアになるためには、フリーエンジニアをスカウトするヘッドハンターたちが、エンジニアのどこを見ているのかを知るのが近道です。フリーエンジニアの価値をはかるひとつの基準は、やはり技術力です。しかし、技術スキルだけで判断されることはまず無いと思って良いでしょう。ハイレベルのスキルを持っていたとしても、ヘッドハンターから見ると「使い物にならない」エンジニアとして評価される場合もあるのです。そんな残念なことにならないために、スカウトがフリーエンジニアの価値をどこで見極めているのか、そのポイントを理解しておきましょう。

各テーマ一覧

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

フリーエンジニアがスカウトされやすい理由

詳しくはこちら

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

スカウトがフリーエンジニアの価値を見極めるポイント

詳しくはこちら

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

フリーエンジニアのスカウトの一般的な流れ

詳しくはこちら

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

機械的なアポの電話?悪質なスカウト企業

詳しくはこちら

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

「モノづくりがやりたい」をアピールしてスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

”開発重視”企業からスカウトされたフリーエンジニア

詳しくはこちら

Copyright © 2014 スカウトされたい!フリーエンジニア白書 All Rights Reserved.